雨が降ると、腰が痛いんです

鳶職をされてる、20代男性からのご相談です。

 

普段の体調は、全く健康そのもの。

しかし雨が降ると腰が痛くなり、仕事に支障が出てお困りです。

 

調べてみると、雨の中で仕事をする際に使う「長靴」に反応していることが分かりました。

あの長靴のカッポンカッポンいうの、メッチャ嫌ですわ〜!」との事でした。

 

『雨が降る→仕事→長靴→音(感触)』の連想が反射的に始まり、腰痛が引き起こされていました。

雨からのストレスで腸腰筋が弱り、立つ瞬間や腰を反らすと腰痛が出ていたのです。

 

原因が分かったところで、雨と嫌いな長靴の関係を断ち切ります。

今まで反射的に引き起こされていた「ネガティブな気持ち」が無くなれば、腰痛になる必要も無くなる訳です。

 

何かをキッカケにして症状が起こるなら、きっと今回のような関係が起きています。

「雨」と「嫌い」のようにです。

 

西宮市の健匠館では、何かに反射付けられた症状を特定し、取り去ることが可能です。

その反射を取り去るのが、感情療法の効果です。

 

お困りの方、ご相談ください。

人の体に起こる症状の殆どは、条件反射で引き起こされています。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます