kids-56952_640

脚が重くて、自分の足ではないみたいです

あるスポーツ選手です。

 

3年前程から脚が重くなり、一向に良くなりません

当館のホームページをご覧になって、もしかしたら改善するかもと来館されました。

治らない症状があっては、選手生命に響きます

 

検査をしてみると、まずアレルギーが出てきました。

どうやらユニフォームの生地みたいです。

 

それとストレスです。

自分の失敗を責めてしまってます

 

「ああ、あのことは良く覚えてます」

3年経っても癒やされてませんでした。

 

ては早速、生地の接触アレルギーと自分を責めたストレスの解放をしました。

ストレスは、これだけのようです。

 

うわぁ、脚が軽いです!

効果バツグンのようですね。

まあ自分の足は操りやすいので、悪くもなりますが良くも出来るということです。

 

スポーツで鍛えているはずなのに、体が急に思った通りにならなくなることがあります

ストレスの影響で、体が変化してしまうのです。

 

怪我と違って、ストレスは目に見えません。

でも多くの人は、それを根性で乗り越えられるものだと勘違いしてしまいます。

 

ストレスは体力を奪い、筋肉の柔軟性と力を低下させます。

痛みを出すことも少なくありません。

?

最近、まるで自分の体ではないような感じはありませんか?

もしかしたらそれは、ストレスやアレルギーの影響かも知れません。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます