美容室で『肩が石のようですね』と言われました

30代の主婦からのご相談です。

 

美容室で髪をセットして、最後の肩をマッサージで言われたそうです。

肩が石のようとは、女性は我慢強いのでしょうが、男の私には想像もつかない事です。

 

検査してみると、「家族に対する恐れ」というのがありました。

恐れと言いますのは、「こう言われたら、どうしよう」と言う種類のものです。

 

主人からは『あれ、してくれた?』とか、娘から『こうお願いしたんだけど…』と言われると、私って結構忘れているんですよ

そうして忘れていることがバレて、笑われておしまいと言う平和な話なのに、ご本人にはストレスになっているという事でした。

 

これは「相手が怒り出したら、どうしよう!」という、結婚してから今まで経験したことはないのに、家族に対し『慢性的に』恐れている状態ができていました。

実はこの恐れ、彼女が小さな時にお父様に叱られ、それがトラウマになっていたのです。

 

「父はとても優しい人だったのですが、夏休みの宿題を忘れてて、『約束しただろ!』と怒られまして…」

それ以来、相手が怒ることを常に恐れる「クセ」が付いてしまったのですね。

 

感情療法で「相手に叱られたら、どうしよう」と、恐れるクセを取り除きました。

「あら、家族が怒るイメージがしにくくなりました」

 

恐れがなくなると、肩こりが激減しました。

今回は「お試しで1時間だけ」というお話だったので、今回はここまでで終了しました。

 

この方は考え方のクセでいつも恐れがあったので、肩の筋肉が凝り固まっていました。

筋肉がこわばる理由となった「ストレス」を取り除いたので、肩は柔らかくなったのです。

 

辛い肩こりでお困りの方、ご相談ください。

西宮市の健匠館では、あなたを辛くする原因を見つけ出し、根本から解決することを目的としています。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます