背後から忍び寄るストーカー

かなり前ですが、

眉が高さ違いで困っています。

いつもの眉に合わせて書くと、段違いになります。

本当の眉を無視して書くと合うんですが。

と言われたことがあります。

 

その方のストレスを取り除くと眉の高さは揃いましたが、分かったことは、一瞬で顔が変わってしまうくらいストレスの影響はすごい、ということです。

顔の表面って筋肉の塊ですからね、変化する要素はあります。

 

一般的に、笑っている顔は好かれやすくて、怒っている顔は避けられやすいものです。

どんな表情をしているかで、他人が避けるかどうかが決まってきます。

 

自分で選べるなら、好かれた方が得です。

と言う事は、ネガティブな表情は損、と言う事になります。

 

感情とは、喜怒哀楽愛憎などが日本でよく言われるもので、その中でも

ポジティブな感情:喜楽愛

ネガティブな感情:怒哀憎

に分けられます。

※本当はもっとありますが・・・

 

特にネガティブな感情

  • 怒る
  • 哀れむ
  • 憎む

が問題です。

良くない気分は顔に出やすいからです。

 

ネガティブな気分は、自然と筋肉を強張らせ、周りに「避けたくなるエネルギー」を感じさせます。

機嫌の悪い人とは、一緒にいたくないのです。

 

初めに出てきた「眉の高さが違う女性」は、久しぶりに親とお会いしたとき、哀れな気分を感じさせられていました。

その気持ちが表情の筋肉を強張らせ、眉の高さを変化させたのです。

 

そんな時は、機嫌が良くなることを、意図的に行います。

例えば、良いものを食べる、高い服やバック、靴を買う、などが実行しやすいかと思います。

 

ここで実行しやすいからと言って、安物で済ますのは厳禁です。

普段では手が出にくいもの、というのが幸福感を創り、依存症を防ぐのです。

 

それでも上手く行かないなら、当館のセッションをお勧めします。

どうしてネガティブに考えてしまったのか、根本から掘り起こし、修正します

 

あなたのお悩みは、何ですか?

お気軽にご相談下さい。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます