dog-454145_640

学校では大丈夫なんだけど、家に帰るとクシャミが出るんです

高校生の女の子です。

 

調べてみると、アレルギー反応があります。

これは何らかのアレルギー?

 

動物の反応がありますね。

話を伺うと犬を買っているらしく、検査でも「犬アレルギー」で反応します。

 

「『犬アレルギー』ですね」

「え〜、嘘〜! 犬、大好きなのに〜」

 

「好き」と「アレルギー」は関係ありません。

アレルギーは「好き」でも「嫌い」でも、関係なくかかるからです。

 

アレルギーとは、何かに関わっている時、何らかのストレスを感じていると掛ります。

そしてその時、「このストレスはコイツのせいだ!」と勘違いして、「コイツを排除しよう!」と頑張るのがアレルギー反応なのです。

 

この女の子は来週の試験のことを考えながら、犬を撫ぜていました。

ところが体は、「来週の試験は、コイツ(犬)のせいだ!」と勘違いし、クシャミが出たのです。

 

勘違いに、理由は必要ありません。

ただただ、勘違いしただけなのです。

ただ、心は犬が好きなのに、体では犬が嫌いなのは辛いですね。

 

当館の感情療法は、この「勘違い」をリセットします。

「来週の試験」と「コイツのせいだ!」を完全に分けてしまう訳です。

 

大好きなのに犬が抱けないと言うお悩みはありませんか?

早く治して、犬の可愛らしさを味わってくださいね。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます