今日午後からの施術中、なぜか右手の甲が痒くなり始めました。

「どうして手のかゆみが出るんだろう・・・」

今日は天気も良いし、もしかして乾燥しているのかな? などと考えていたのですが、そのうち忘れていました。

 

しかし帰宅後、お風呂から出てから、また手が痒くなってきました。

場所は人差し指の付け根の周辺で、少し赤くなっているようにも見えました。

 

そこで閃きました。

「これはもしかして、台所用洗剤のアレルギーかな?」

 

そこで、自分で洗剤アレルギーの除去作業をしてみました。

すると、途中からスーッと痒みが引いていったんですね。

という事は、予想通り「洗剤アレルギーによる手の痒み」だったわけです。

 

実は、お昼は妻に作ってもらったお弁当なんですが、食べた後に弁当箱を洗っていたんですね。

当館の場合、お昼休みが3時間もあるので、毎回、弁当箱は丁寧に洗剤で洗うわけです。

最近は地震情報なんかを流しながらお昼休みを過ごしたりしてますから、ついつい色んなことを考えてしまい、アレルギーになっていたんだと思います。

 

主婦に良くある手の痒みは、その多くで洗剤アレルギーが原因になっていると思います。

洗剤アレルギーと言えば、食器用洗剤に対するアレルギーの場合もありますが、より多いのは衣類用洗剤アレルギーです。

また手の痒みに出る場合は意外と少なく、肩こり不眠症になっている方が多く見られます。

 

それにしても、自分が洗剤アレルギーになってしまうとは驚きました。

ネガティブな報道に反応してアレルギーになってしまうとは、治療家としての修行が、まだまだ足りないようですねぇ・・・(苦笑

 

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます