www-pakutaso-com-shared-img-thumb-ferthjyftdhrsedhyj

「怖いものは怖いんです!」

この手のご相談は、珍しい事ではありません。

 

「怖い」というのは「パニック発作」の事です。

パニック発作の事を思うと、落ち着いていられません。

 

パニック障害の方は、パニック障害で「死んでしまう」ことはありえないと理解されています。

しかし理解はできていても、とにかく発作に対する恐怖感は消えないのです。

 

このような症状は女性に多く、男性では珍しいようです。

理由として、考え方の男女差があります。

 

男性の場合は理屈優先で思考しますが、女性は感情優先で思考する方が多いです。

男性は理論的な思考で考え、女性は「気がする」という気持ちが理由になるのです。

 

パニック障害でも医者に「もう大丈夫ですよ」と言われて、本当に治ってしまうのが男性であり、「でも怖いんです」と言うのが女性です。

女性の場合は、安心しないと治ったとは認められないわけです。

 

以前、当館で施術を受け、「もう2年もパニック発作が出てはいないけど」という方が来館されました。

いつも発作に対する恐怖感が強く、毎日「今日は発作が出なかったけど、また明日気を付けよう」と考えているそうです。

 

この方の場合、「また発作が出た場合、私は耐えられるだろうか?」という心配を取り除きました。

すると恐怖感はやわらぎ、日々の自分に対する「自信」も持てたようです。

 

女性のパニック障害は、現実として時間が必要な場合が多く感じます。

でも丁寧に根本を探していくことで、明らかな改善へと導くことができるのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

貴方のパニック障害にも、なにか秘密が隠されていますから、それを探し出すことが重要です。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます