必死に頑張ったのに、上手く行きません

30代、会社員からのご相談です。

 

訳あって、昨年地元の大阪に帰ってきたそうです。

そこで転職先の今の会社で、頑張っています。

 

ところが会社には学閥もあり、そうではない彼は、必死に頑張りました。

ところが、どうしても上手く行かないそうで、困っています。

 

このような場合、仕事の考え方に問題がありそうです。

それは「必死に頑張った」です。

 

「必死に頑張る」=「とても苦しい」ですから、気持ちに余裕が無くなるのです。

余裕がないとアイデアも浮かばず、現状の修正も上手く出来ません。

 

では、どうすれば良いのか。

それは「仕事の中で、楽しみを探す」のが良いと思います。

 

楽しみが生まれると、こだわりが出来ます。

この「こだわり」が、さらに仕事を楽しくするのです。

 

こだわりは更なる探求を生み、この作業の循環が「アイデア」を生むのです。

楽しいので仕事に没頭しますから、悪い結果が出るわけない、という事になります。

 

また男性は、女性に比べて「義務感」に弱い。

男性は楽しみがないと、女性と比べて力が出にくいのです。

 

ここまで読まれても、「必死に頑張るしかない」というかたは、ご相談ください。

西宮市の健匠館は、あなたの仕事に潤いを与え、ヤル気を引き出します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます