この子、小学生で花粉症なんです

小学生の女の子と一緒に来た、お母さんからのお話です。

 

私の子供の頃、花粉症なんて言葉は恐らくなかった覚えがあります。

初めはアレルギー性鼻炎と言ってたのが、多分30年ほど前に花粉症という言葉が一般化したような気がします。

 

だからこのお母さんにとって、子供の花粉症と言うのが珍しいのでしょう。

因みに健匠館では幼稚園児の花粉症も珍しくありませんが、それだけ子供にもストレスが増えているのでしょう。

 

さて、検査を始めます。

お母さんによると、恐らく昨年辺りからの花粉症という事でした。

 

検査によると、昨年の3月辺りに「とても悲しい気持ち」を味わっているようです。

その事をお伝えすると、「この子、転校を経験しました」との事。

 

お父さんの仕事の関係で、昨年の春に転校が決まって、とても悲しい思いを経験しました。

そしてその思いが大きすぎたため、花粉症になってしまったのです。

 

春は出会いも多いのですが、同時に別れも多い時期ですから。

経験の少ない若い人にとって、転校は大きな出来事ですよ。

 

早速、それ等のストレスと花粉のアレルギー、またそれ等に付随するストレスを取り除いて完了です。

2時間の予約では時間が余ってしまったので、お母さんの頭痛も取り除いて施術を終了しました。

 

花粉症の原因は、ストレスです。

大きすぎるストレスは逃げ場を探し、花粉に責任転嫁してしまうことがあり、花粉症を発症させてしまうのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

健匠館の感情療法が花粉症を消し、あなたを楽にします。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます