ハッキリとものが言えない性格の人って、かなり自覚ある人いますよね。

実はこれ、過去のトラウマが関係しているのです。

 

ちょっとだけ、当館で見た例を上げてみます。

幼稚園の時、母親に叱られた。

母の反応にびっくりした!

こんなに叱られるなんて、思ってもみなかった!

人の気持ちって、よく分からない。

相手のこと、考えてはなさなきゃ!

ましてや、良く知らない人話すのは危険だ!

気を許しちゃいけない。

どんな目に会うかわかないし、ハッキリ言うと相手が敵になるかも知れない。

状況が把握できるまで、安心できるまでは、しばらく様子を見よう。

でも、何時まで様子を見ても、恐怖感が亡くならない・・・・

と、こんな感じで言えなくなっちゃうわけですね。

 

これはほんの一例ですが、傾向としてよくあるのは

  • 安心できないから、様子をみる(見続けている)

つまり、これをしている間は話ができない、という点です。

 

これらのトラウマは、リセットが可能です。

 

リセット後は、ごく自然に、思ったことが言えるようになりますよ。

 もちろん、言葉のTPOには、気をつけてくださいね?!