036

昨日の続きみたいなもので、「アレルギーとはなんぞや?」をお伝えします。

アレルギーの正体とは、一体何なのでしょう。

 

今回の表題にもあるように、「アレルギー反応とは条件反射」なのです。

「条件反射」とは?

 

取り敢えず、広辞苑を見てみますと、

生物が環境条件に適応して後天的に獲得する反射

と、あります。 

サッスガは広辞苑、良いこと言いますね〜

 

ここではアレルギーに対して、ちょっと補足します。

アレルギーに対応する条件反射とは、

人が環境条件に適応して後天的に獲得してしまった勘違いの反応

となるでしょうか。

 

つまりアレルギーとは、体が起こす「勘違い」なのです。

 

例えば花粉症は、本来なら害のない花粉に対する過剰防衛と言えます。

普通なら花粉に対し、涙を流すことも、鼻水を出すことも必要ないからです。

 

しかし実際は涙や鼻水などで、人を苦しめる例が少なくないのです。

しかも理由は「勘違い」ですから、割に合いません。

 

さて、では「勘違いした理由」はという事で、明日に続きます〜

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます