「テニスでどうしても勝てない人がいるんです」

30代のテニスコーチをされている方からのご相談です。

 

この方はある県で、毎年県大会では2位で、1位の方も決まっているそうです。

実力的にはどちらが勝ってもおかしくないそうですが、ここ5年ほどは負けっぱなしだそうで、とても悔しい思いをされているそうです。

 

調べてみると、ご本人には「苦手な球筋」があるらしく、ライバルはその打ち方が上手で、いつも負けてしまうとのことでした。

まさにライバルですね。

 

「ところがその球、訓練で『打てるようになっている』はずなんですよ。なのにどうしても打てない」

ご本人にはここに「勝てない理由」が、隠されていました。

 

それは5年前、初めてライバルに負けた試合で、「この人、強くて勝てない!」と思ったのです。

気持ちは肉体に影響し、体に力が入らなくなってしまったのです。

 

この思いは「クセ化」し、このライバルと試合をするたび、体に力が入らなくなり、試合に負けるようになった訳です。

これでは勝てないですね。

 

イメージ操作で「勝てない」から、「そんなことはない」に変えると、体が軽くなりました。

これで次回の試合では、好勝負が見られるでしょうね。

 

思うようにならない体には、必ず理由があります。

西宮市の健匠館では、あなたの不都合を作り出す原因を探し出し、根本から解決します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます