0I9A4984ISUMI_TP_V

最近、ちょっとファミリーレストランに行く機会がありました。

まあ久しぶりに、ですね。

 

そしてそんな所に、「いただきます」と言って、合掌している若い女性がいました。

若いのに素晴らしい習慣を持った女性だなぁ、と驚きました

 

思わず「私、息子が居るのですが」と声を掛けてしまうところでした。

まだ息子は今度、高校に行く年ですけどね。

ただ、それくらい素晴らしいなと思ったのは本当です。

 

でも「いただきます」は素晴らしいとか何とかではなく、本当は言う必要のある言葉です。

行儀とか作法とかとしては勿論ですが、健康な身体のために必要なのです。

 

「いただきます」と言うと、「これから食べるのだな」と身体が準備をするのです

そのための宣言として、いただきますと言うのです。

 

これを言わないと、どうなってしまうのか?

実は「アレルギー」になりやすくなるのです

 

「いただきます」は当たり前ですが、「これから食べますよ」と言う宣言です。

これを言うことによって、身体が食べる準備をします。

 

ところが、これを言わないと、何が起きるか?

 

あなたがボ〜ッとしているときに、急に口の中に他人の指なんか入れられたらビックリしますよね。

いただきますを言わないで食べると、口に入った物が異物と感じ、こんな状態が身体に起こるのです。

食べる準備が出来ていないのですね。

 

だから「いただきます」をキチンと言いましょう。

そうすることでアレルギーを防ぎ、安全に食事が取れます

 

「いただきます」をキチンと言えてますか?

特に大人で、外でご飯を食べる時には気をつけましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます