先日の続きです。
まだお読みでない方は、前回の日記からお読みください。

>実は骨盤の歪みとは、内蔵の状態に関係しています。

今回のテーマはこれです。

では内蔵の状態に関係するとは、どういう事でしょうか?
これは骨盤に関わる内蔵を考えると分かります。

骨盤に影響すると考えられる臓器が、幾つかあります。
主に膀胱・子宮・大腸が直接的に関係し、間接的には肺・胆のう・腎臓が影響するのです。

これらの臓器と骨盤とは、互いに影響しあう関係にあります。
骨盤が歪めば臓器に影響し、臓器が何らかの影響で弱ることにより、骨盤が歪むのです。

以上から、骨盤調整をする前に、どのような理由で骨盤が歪んだのか知る必要があります。
歪みが先か、内臓が先かという部分を理解する事がとても重要なのです。

整体やカイロプラクティックで骨盤調整が出来るのは、歪みが先の場合だけ。
つまり、何らかの物理的な力により、骨盤が歪んでしまった場合に限ります。

物理的な力としては、出産、あるいはスポーツ等による故障などの一部がコレにあたりますね。
今、「一部」と書かせていただきましたが、実はこれが重要です。

物理的要因でも歪むことは歪むのですが、
ほとんどの歪みは、自然と元の正常な状態へと回復します。
実はケガをした時と同様、骨盤の歪みだって、自然と治っちゃうのが当たり前なんです。

 自然に治らない歪みには、「気付いていない何か」が隠れている

自然に治っちゃうはずの歪みが、実は多くの場合、自然に治りません。

あなたの中に、「気付いていない何か」が隠されている訳ですね。

この、「気付いていない何か」とは、一般レベルの整体・カイロプラクティックにはない概念なんです。

つまり、通常の整体院に行って矯正しても、一部の症状を除き効果がイマイチになってしまう理由がコレです。
しかも内蔵を弱らせる根本的原因とは、通常のカイロプラクティックや整体院では対処できません。

整体・カイロで対処できない理由とは、その根本原因がストレスとアレルギーの存在だからです。

ストレスとアレルギーが内臓に影響するほどの破壊力を秘めている事実は、未だ一般的ではありません。
次回はさらに詳しく、ストレスのお話をします。

続きます・・・・

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます