今日は休館日なので、いつもの2倍の少し長い文章です。

お時間のある方、よろしくお願いします。

 

なぜ骨が歪むのでしょう」という質問を聞きました。

この言葉に、正確に答えた治療家に、私は出会ったことがありません。

 

以前、カイロプラクティックの勉強をしていた頃は、「足を組んだりするのが癖になると、組んだ足側の骨盤が、後方下方に変位します」等と教わりました。

主に、『生活上のクセ』が骨格の歪みを作り出していると、そういう訳です。

 

でもね、ただのクセで、日常生活が困難なホドの痛みが出るって、人体って設計ミスなんですかね?

確かにカイロプラクティックの授業では、「人間は直立歩行するようになったため、肩こりや腰痛に悩むようになりました」と、教えられました。

 

実はこの手の話って、本当ではない、と言うのが正直なところ。

だって、直立歩行って人間としての進化だもの。

 

自然に進化すると、性能も自然に上がります。

なので肩こりや腰痛になるのは、個々の、個人個人の問題があるという事なのです。

 

では「何が問題となって、骨が歪むのか」、という事ですけど、その答えは「心」にあります。

その人(個人的な)ストレスが原因となり、ストレスが筋肉に影響し、筋肉の力により骨を定位置から動かしてしまうのです。

 

あと残りの歪みは、事故によるもの。

よくある例だと、「転んでぶつけた」とか「寝違えた」等が事故に当たります。

 

因みに「心」の状態って、みんな違うでしょ。

機嫌の良い人もいれば、最悪に悪い人もいる、という感じで。

 

この「機嫌の悪い」状態が続くと、筋肉の力で動かした関節が固定化されてしまう事がある訳です。

そうなればカイロプラクティック・整体で骨格矯正をすれば、良い訳だな!、、、というようには行きません。

 

だって、ストレスの方は変わっていないでしょ。

なので整体等により一時的には良くなっても、ある時間が経過すれば元通り「悪い状態」に戻るのです。

 

という事は、根本を改善しないと、骨格の歪みも不快感も消えない、となります。

症状の根本は「気持ちの状態」ですから。

 

健匠館では、その根本である「気持ちの状態」を変え、楽にします。

骨盤の歪みが「将来の不安」から来ていれば、その不安を消すことで、将来の不安も骨盤の歪みも改善します。

 

体の不調でお悩みの方、ご相談ください。

体の不調は心を由来としていますので、心がスッキリすることが必要なのです。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます