健匠館

アレルギーはなくなります・パニック障害も消えます・ムチ打ちなど後遺症を最速で解決します。西宮市の健匠館は、仁川駅から徒歩3分のカイロプラクティック院です。

「西宮市 アレルギー体質」の記事一覧

病院でアレルギーが治らない理由│精神を扱うのが得意ではないので

「生まれてからずっと、アレルギーで病院にかかっていたのに」 幼稚園児を連れていらした、お母様の言葉です。 お母様は妊娠が分かった頃から食事に気をつけ、出産後にお子様のアレルギーがわかると、今度は病院の言うことには全て従っ […]

みんなと同じ給食が食べたい!|食物アレルギーは治ります

本当はそこに「無意識の思い入れ」があったのです。その無意識の思い入れが作用して、様々な症状が出ていた訳ですね。例えば大人になって、親元を離れてから食べるカレーライスなんかは、そんな思い入れがありそうです。仕事に行って昼食にいただくカレーライスは、私の場合だと受験生時代に「頑張ろう」と頂いたのを思い出しました。ところが違う人もいます。恋人に振られた後、カレーライスを食べていた人です。そんな人にとって、カレーライスは失恋の味になってしまいます。なので、カレーライスは避けるかも知れません。そこでアレルギーの事に戻ります。アレルギーとは思い出、それもイヤな思い出が無意識に出てくるキッカケとなるモノなのです。例えばカレーライスの場合。失恋して、そのままの気分でカレーライスを味わった場合を考えてみます。失恋して「残念」と考えながら、カレーライスを食べます。すると体は、「残念=ニンジン」と思い込むことがあるのです。カレーライスの中に、ニンジン入ってますよね?人によってはお肉の事もあるし、お米の方も、他の野菜やスパイスの事もありますが、「残念=◯◯」の様な図式が出来上がる事があるのです。なぜこんな事が起こるのか?それは「単なる勘違い」というのが正解なのですが、そのストレス(ここでは「残念」)が終わるまで、アレルギー反応は起こるというのが問題です。当館の感情療法は、アレルギーを起こす元となったストレスに作用します。今回で言う「残念」を、根本から無くしてしまうわけです。「残念」と言うストレスがなくなると、アレルギー反応は無くなり、ニンジンは無害になります。もともと無害な物を、勘違いしてストレスの象徴にしていた訳です。