息子が言うこと聞かないんです!

お母さんの悩みです。

 

まあ、こういうのは珍しくない悩みではありますが、結構な割合で「母親の期待に応えた」結果、言う事を聞かないってのがあります。

では母親はどの様な期待を、息子さんにかけているのでしょうか。

 

はっきり言っ?て、子供は成長します。

いつまでもずっと同じの、「子供のまま」ではないのです。

 

しかしここで、大きな問題があります。

それは母親が「この子は、相変わらず〜だ」と、ある時点から成長していない息子だと思い込んでいる訳です。

 

例えば

相変わらず、起きてこない

相変わらず、言う事聞かない

相変わらず、放ったらかし

などです。

 

そこで子供は、親の期待に応えようとします

それが良いことかどうか、関係なくです。

 

不思議ですね。

でも本人的には、期待に応えるのが当然の事なのです。

 

なので「息子が言うこと聞かない」ならば、「この子は言う事聞かないだろうな」という期待に応えた可能性が大な訳です。

「そんな馬鹿な!」とお思いかも知れませんが、心のどこかで「やっぱり聞かなかった」とは思わないでしょうか?

 

基本的に、お子さんは親の期待に応えます。

「子は親の鑑」とは、よく言ったものですね

 

当館の感情療法は、お子さんに対する見方を変えることが可能です。

「言うこと聞かない」から「私の期待に応えてくれる」に変えることが可能なのです。

期待の仕方がポイントだったのです。

 

お困りの方、ご相談下さい。

何と言っても子供は、可能性の塊なのですから。

 

ご相談はコチラ

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます