感情療法では、全ての症状(※事故を除く)とは、
心理的なストレスが目に見える形として、体に現れてしまったもの
として考えます。

腹が立つと血圧が上がるように、緊張するとトイレが近くなるように、心がストレスを受けることにより、
肩こりになったり
うつ病になったり
花粉症になってしまう事がある
という考え方です。

つまり「身体的症状とは、体の感情表現だ」というのが私の考え方です。

同じ「想い」を表現するにも、
詩人は言葉で
ミュージシャンは音楽で
画家ならば絵で

表現する感じでしょうか。

ストレスとは「精神的な苦痛」を指します。
痛みとは「肉体的な苦痛」を指します。


つまり個人を襲う苦痛に対して、それを精神側が表現するか、肉体側が表現するのかの違いで、同じ苦痛を「ストレス」と「肉体的症状」に分けて感じていたのです。

当館の感情療法は、この精神と肉体の関係を自由に行き来することができます。
体の不調は、ストレスが原因だったのです。

体の仕組みは皆同じなので、どのようなストレスで体に何が起きるかは、様々な症例を研究すれば見えてきます。
その集大成が感情療法です

ストレスは気の流れを変化させ、その対応する内臓や筋肉・肉体を変化させます
ストレスが創り出す症状を、ストレス自体を解消することで治してしまうのが、感情療法の考え方です。

感情療法は、原因となったストレスを発見し、そのストレスを、言葉とエネルギーの力で、根本から解消します。

あなたにまだ回復の余地が、解決に対する希望が残されているのなら、当館の技術は必ず大きな助けとなることをお約束します。

 

健匠館館長 須田隆吉