膝に矢を受けてしまった外回り

「雨が降ると、なんか調子が悪いんですよね」

こういう方は、少なくないかも知れません。

 

雨が降ると、膝がうずく。

雨が降ると、腰が痛む。

雨が降ると、首が回らない。

など、こういう方には、雨が降ることでいろいろな症状が出ます。

 

私もカイロプラクティックの学校に通っている時、いろいろ教わったのを思い出します。

なんでも、水に繋がる身体の流れが、雨に反応して症状を出すのだとか。

 

いろいろ言われてますが、恐らくその殆どは違います。

実は全て、「思い出」の話なのです。

 

例えば友人の結婚式が、激しい雨になったとします。

天気の問題ですから、十分あり得る話ですね。

 

ところが貴方は、その準備に関わる仕事に従事し、誤って足を滑らせ膝を打ったとします。

こういう事があると、「雨が降ると、膝を打つ」と強く印象付ける事があるのです。

 

強く印象付くと、次回からはそれが自動化します。

「雨」=「膝痛」、の様にです。

 

そうなってしまうと、もう本人に膝を打った思いは薄くなります。

でも雨が降ると、膝の痛みだけ、自動的に思い出すのです。

 

この様にして、「雨が降ると調子が悪い」という事が起こるようになります。

本人の意志とは関係なく、自動的なので「なんか、調子が悪いんだよね」です。

 

このような事で、お悩みの方はいらっしゃいませんか。

「雨が降ると膝が痛む」や、「快晴の日は、喉がイガイガする」等の症状がある場合です。

 

当館の感情療法では、それ等の思い出による条件反射をリセットする事が可能です。

今回の例で言えば「雨が降ると」という思い出を、「終わった事」にする訳です。

 

人間は雨くらいで影響は受けません。

雨に群れないように、ただ傘をさせば良いのですね。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます