東京ドームの観客席

足が痛くて走れません

野球部の高校生です。

 

いよいよの3年生。

これからだというのに、怪我をした覚えはないハズが脚が痛くて走れません。

 

検査をしてみると、ストレスの反応が出ます。

どうやら顧問の先生に対する怒りから始まりました。

 

「どんな気持ち?」

「う〜ん、黙っとけって感じかなぁ」

 

このような感じで、幾つかのマイナス感情を開放していくと、怒りも段々と収まってきました。

 

「これでどうかな?」

「何だか、自信の無さを監督が突いてきてたんですね」

 

随分とストレスが溜まっていたようですが、何とか解決したようです。

 

「それでは、どうですか、痛みの方は?」

立って痛みを確かめてみます。

「…痛くないです、全然」

 

治っているようです。

良かった。

 

今回のように部活をしている学生は、特に部の部長とか甲子園目指すなど大変な人は特に、体に痛みが出やすいです。

会社で管理職の方と、同じようなものですね。

 

部活とは大変な仕事なのです。

 

顧問や下級生のストレスなんか、上司や部下と一緒ですからね。

社会人は確かに大変ですが、学生だって結構大変な目にあってます。

 

当館の感情療法は、その大変な「ストレス」に作用します。

大変から「大変ではない」状態にするのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

余計な事は忘れて、目標に向かって全力を尽くせるようにしましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます