膝の痛みの原因とは、その多くがO脚です。
話によると、その割合は9割にも昇るそうです。

膝関節が微妙に歪んでいるために筋力が弱っているから痛くなるのです。
具体的には太腿の筋肉と、膝裏筋肉の弱化です。

割合は少ないですが、膝から下の筋肉が弱っていても、膝は痛くなります。

一口に膝が歪むといっても、歪む方向は様々です。
それを特殊な検査法で探し出し、もとへ戻すことにより、正常な筋力へと復活します。
すると、歩いたり階段を昇り降りしても、痛みは出なくなります。

50歳代くらいから膝の痛みを訴える人が多くなり、70歳代になると激増します。
これは、若い間なら体力でカバーしていた膝周りの筋力が、加齢による筋力低下で悲鳴を上げ始めるからです。

また驚くほど多いのですが、心因性による膝の痛みがあります。
心や環境のストレスが、実際に膝の痛みを出させる事があるのです。

その場合はEFTの使用が有効な場合が多く、再発率も低くなります。