2年前、スポーツクラブで肩を脱臼し、それから様々な不調に見舞われた方がいらっしゃいました。

脱臼した肩の痛み以外の症状として、 ・息苦しさ ・鼻詰まり ・偏頭痛 ・体重減少 などがあり、病院の検査では原因不明とされてきた症状です。

この原因は、やはり肩の脱臼にありました。
肩の脱臼は、肺経・大腸経・三焦経・小腸経を乱し、前述の症状を起こしていたのです。
つまり、脱臼が完治していなかったのです。

調整後、全ての症状は改善しました。

脱臼や捻挫が治ったと思っても、多くの場合「微小な歪み」を残します。
その歪みは、体に様々な影響を残すのです。

また、脱臼や捻挫の瞬間の「痛み」や「感情」も、大きな意味を持ちます。
怪我をした瞬間を思い出してみて、「痛み」を思い出せるなら、完治は難しいでしょう。

やはりEFTと骨格調整の併用が、現状では一番良い方法です。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます