025

学生時代、部活で捻挫をしてから、ずっと関節が固いんですよ

ある男性のご相談です。

 

話によれば、足首の捻挫をしたのが5年前。

整骨院で治療、リハビリとを受けたのですが、関節の固さが残ったままだそうです。

 

整形外科の先生にも相談したのですが、保険の関係でこれ以上は治療できないとの事です。

保険外治療は厳しいし、明らかにおかしいので、何とかならないかというご相談でした。

 

このような症状は、「記憶の操作」が必要です。

ご本人の中で、「怪我をした状態が終わっていない」のが問題なのです。

 

ここで、例え話をします。

例えば小学生1年生が、お父さんから五百円玉を貰ったとします。

 

小一で五百円と言えば、そこそこ価値があります。

それだけ貰うと、嬉しいのではないかと思います。

 

お菓子とか、漫画なんかが買えますから。

なので突然貰うと嬉しいのです。

 

そこでお菓子を買おうとコンビニに入りました。

ところが、貰ったはずの五百円玉が、ポケットから見つかりません。

 

この子にとって、五百円は大金です。

しかし、いくら探してもとうとう見つかりませんでした。

 

お陰でとっても悔しい思いをしました。

なくした自分に、怒りも感じました。

 

しかし十年後、この子はまだ悔しいでしょうか?

実は殆どの場合、お金を亡くしたことは覚えていますが、悔しさや怒りは治まっています。

 

悔しさや怒りなど、その時の「気持ち」が収まっているので、本人の中では「終わったこと」になっています。

この「終わったこと」と言うのが重要なのです。

 

話を戻します。

 

捻挫はとても痛いです。

関節は痛く、動かすのは不可能になります。

 

この時のイメージが、本人にとってとても重要です。

「とても痛くて動かせない」というイメージです。

 

そしてそのイメージは、怪我の治りを妨げます。

完全な回復を、イメージによって防いでしまうのです。

 

治っていないので「終わったこと」に出来ないため、未だに怪我の状態が続いてしまう事になってしまいます。

 

捻挫や脱臼のイメージは抜けにくく、完治を阻害します。

イメージが抜けるまで、関節の動きや違和感が無くならないのです。

 

当館の感情療法は、それら痛みやイメージを変えます。

治療当時の状態から、その時を過去にした、完治した状態に変えてしまうのです。

 

イメージを変えてしまうと、肉体の状態も変わってしまいます。

怪我をしたのが本当に過去になり、以前調子が悪かったが、今は完治した状態に出来るのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

あなたの古傷、完治できる事ならしておきましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます