恥骨矯正に関するご相談を受けることがあります。

その多くは痛みや不快感と言うより、「恥骨が前に出ていて、格好悪い」というものが多いようです。

 

恥骨が出ている方の多くは痩せ型で、水着や細身のパンツなどで、恥骨部分が目立つとお困りです。

そして、恥骨矯正ができるカイロプラクティックや整体を探される訳です。

 

はっきり言いますと、「恥骨矯正なんて止めておけ」というのが本音です。

というのは本当の所、恥骨の歪みが原因ではないからです。

 

以前、当館にいらした女性は、カイロプラクティックで恥骨をグイグイ押されたそうです。

しかし本当は恥骨なんて歪んでいないので、相当痛かったとお聞きしました。

 

恥骨の歪みは、生理痛や冷え性を引き起こしたり、ヒップダウンや太ももが太く見えたりする危険性があります。

それを人為的にするなんて、何とも怖い話です。

 

では、恥骨が出て見える本当の原因は何でしょうか。

それはズバリ、骨盤の前傾具合、つまり角度の問題なんですね。

 

骨盤の角度を正しい姿勢を取った時のように整えると、恥骨の出方は目立たなくなります。

ちなみにこの角度を整えるのは、多くは骨格矯正ではなく、ストレスやアレルギーの除去が必要となります。

 

つまり、「骨格の歪みを作り出しているのは、ストレスやアレルギーが原因となっていた」という事なんですね。

 

あなたは、定期的な骨格矯正を受けちゃったりしていませんか?

「2週間に1回は、矯正したほうがいいですよ」とか、もっともらしい理由を付けられ、次回の予約を急かされたりして・・・・

ストレスやアレルギーが原因の歪みは、それらの解決がないと、永遠に矯正を受け続けなければなりません。

 

経験上、事故や怪我など、何らかのアクシデントによる歪みは、骨格矯正が有効な場合があります。

しかし、そうじゃない歪みは、99%がストレスやアレルギーが原因なんですね。

 

ちなみに骨盤の角度を狂わせる感情として、

  • 結果に対する恐れ
  • 自分の常識へのこだわり

などが多いですね。

 

「もし?なったらどうしよう!」とか、「なんでこうなるの!」などの感情は、骨盤の角度を狂わせやすいようです。

当館の施術は、それらの悩みにも全て対応しています。

 

こちらの動画もどうぞ

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます