「10年ほど前、変形性股関節症で手術が必要ですが、仕事を休むわねにもいかず、今に至っているわけです」

紹介でいらした、60代の女性です。

 

この方は10年ほど前に発症し、痛みで4箇所の病院をまわり、全てで「変形性股関節症なので手術が必要」と診断されました。

4箇所で同じ診断ですから、西洋医学的には正しい診断なのだろうと思いました。

 

実際に歩くにも、少しずつ、という感じで大変ご苦労されていました。

手術を受けられないので、現在は整体の方を受けていらっしゃるそうです。

 

ところが私のところで検査をすると、痛みの原因は「ストレス」とでました。

これであれば、私の得意分野です。

 

ストレスの原因は、全てお仕事関係でした。

この方は現在も重要な役職にあり、お話を伺っていても自分と重なる部分があり、苦労のほどが分かりました。

 

そのような感じで3度目の施術終了時は、かなり普通に歩けているのが見て取れました。

「結構普通に歩けていますね」との事でした。

 

このようにストレス除去によって、病院で病名の診断が出る診断が出る症状でさえも、解決することが珍しくはありません。

西宮市の健匠館は、手術を避けたい方でも、回復する可能性があります。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます