a1380_001073

 

先ほど何となく、googleで「3月は」って検索してみました。
特に深い意味はなかったのですけどね。

すると「3月は自殺対策強化月間です|自殺対策|内閣府」と出て来ました。
3月って、色々と環境が変わる時期でもあるし、大変なんですよね。

花粉症がこの時期に流行るのには、ちゃんとわけがあります。
もちろん、花粉が多いっていうのもありますが、「環境変化が多い」という点が重要です。

進学や進級、就職に引越し。
環境の変化はかなりのストレスになりますから、そんな時に飛んでいる花粉に反応し、花粉症になりやすい訳なんです。

特に引越しによる主婦のストレスは凄まじいもので、ここが男性の立場と大きく違います。

会社員のご主人なら、職場が移動しても、周りは皆身内です。
しかし、転勤などで引っ越した先の近所は全て見知らぬ人であり、その人達とこれから衝突しないように「様子を見ながら生活をする」というのは、緊張の連続なんですね。

必要以上の緊張は、体をひどく疲れさせます。
それがある一定以上続くと、体に不調を感じ始め、ついには体を壊してしまうこともあるのです。

今は夫婦共働きが増えてきていますが、まだ「会社員・専業主婦」の組み合わせの場合は、家のことを全て主婦に押し付けてしまうことが多いようです。
これはある意味、役割分担ということでもありますが、過剰な負担はいけませんね。

特に女性は男性と比べ、義務感が強くなる傾向があります。
実際にはどうにもならないことでも、「どうにかしなきゃ」と限界まで頑張りがちです。
もちろん、その頑張り過ぎから花粉症になるケースもあります。

最近は「引越しうつ病」という言葉ができているようです。
もしもこの時期に体調をくずすような事があれば、「今の自分は無理をしていないかな?」と考える必用があるのかもしれませんね。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます