頭痛持ちの方って、多いですよね。

頭痛が軽い日もあるようですが、ひどい時はズキズキと脈打つような痛みがあったり、3日間ほど痛くて仕事を休む方もいらっしゃるようです。

 

そして、風邪などを引いていないのに、なぜか頭痛があるならば、それはストレスの可能性『大』ですね。

俗に言う「頭痛の種」がある状態なんです。

 

頭痛に関係する要素に、経絡というのがあります。

鍼灸治療に使う「つぼ」があるラインのことです。

押すと気持ちがイイ「つぼ」のあるところですね。

 

そしてこの経絡上で、よく頭痛が出ることがあります。

その経絡を参考にすると、頭痛が起きている箇所を正確に指さしていただけると、ストレスの種類をある程度絞り込むことだって可能なんですよ。

 

前から見て、頭を縦方向に、左右3つずつのラインで区切ります。

  • 真ん中に近い部分
  • 耳に近い部分
  • その間の部分

の3つです。

 

例えば、真ん中に近い部分の場合。

  • 許せない気持ち
  • 情けない気持ち

耳に近い部分だと。

  • 分かってもらえない
  • イライラ

その間の部分の場合。

  • 義務感
  • 不安感

などが「頭痛の種」の例として挙げられます。

もちろん、これらは例の一部なので、実際には検査をして調べます。

調べることで、頭痛の種って、分かるんです。

 

それらのストレスを取り除くことで、頻発する頭痛は解消します。

頭痛の種がなくなったので、頭痛もなくなってしまうのです。

 

薬で頭痛を抑えることは、生活上、仕事上、仕方が無いことではあります。

病院でも、これらの原因を特定することは困難なため、明らかな異常がない場合は術がないからです。

 

しかし、それらがストレス(あるいはアレルギー性)の場合なら、当館の施術で頭痛は完治可能です。

頭痛がない人生って、素晴らしいと思いませんか。

 

お困りの方、思い切ってご相談下さい。

ご紹介の患者さんで、頭痛に関する相談は多いのですが、お陰さまで好評を頂いてます。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます