MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V

カルテの言葉を見ると、その人の性格が見える事があります

まあ当館は、特別そういうのを見ている訳ですが。

 

カルテを見ていくと、

頑張らなきゃ

やらなきゃ

何とかしないと

の、オンパレードでした。

 

明らかに「頑張りすぎ」です。

体も壊すわけですね。

 

でもここに問題があります。

「頑張りすぎ」の自覚が無いのです。

 

「え、それって普通じゃないですか?」と言われます。

本人にとっては、極々普通の事なのです。

 

でも他人から見ると、かなり無理をしています。

ただ自覚が無いだけなのです。

 

そうすると、どうなるか?

 

そう。

体を壊します

 

ストレスの影響で、体を壊すのです。

幸いこの方は若かったので、最悪の事態にはなっていませんでした。

 

こういう考え方、ストレスによる体を壊すような考え方を修正する為に、若者の体力があるのです

上手いこと出来ていますね。

 

色々なことを失敗、修正、再構築して学び続け、歳を取ってから体力が落ちても、その体力で過ごせるように成長させます。

そして成長しないと、ストレスやその他の要因で体を壊します。

 

機嫌が良くできると長生きしやすく、いつも機嫌が悪いと病院通いになります

そうなるように、なっているのです。

 

無理して頑張らないといけないのは、人生の中くらいまで、四十〜五十歳代位で卒業しましょう。

そうしないと、身体が持ちませんからね。

 

体の調子が悪いのを、年齢のせいにしてはいませんか?

それは全て、頑張りすぎかも知れません。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます