山登りのイラスト(男性)

3年前から、運動誘発アナフィラキシーでお困りとのご相談を受けました。

突然のアナフィラキシーで気を失ったそうです。

ちなみに

http://allabout.co.jp/gm/gc/300584/

に小児科医の説明があります。

 

どうやら小麦アレルギーに運動が加わることで、少し遅れてアナフィラキシーが出ると、そんな感じでしょうか。

病院で調べてみると、小麦アレルギーは出ました

とのことでした。

アナフィラキシーで血圧が下がり、気を失ってしまうほどなので、発見が遅れると命にかかわります。

なのでエピペンを常時持ち歩いているそうです。

 

この方は山歩きが好きで、よく歩かれるそうです。

しかし、いろいろと試されているようで、

「山に登るでしょ。

そこでカップラーメン食べて下山しても、なんともないんですよ」

と言われます。

 

とてもとても、チャレンジャーな実験をされていますね(苦笑

正直、命にかかわる実験ですが、だからこそ病院の診断に疑問をもたれ、当館にいらしたのでしょう。

 

そこで私が検査をすると、確かに小麦アレルギー反応が出ます。

しかし、アレルギー反応は出ますが、アナフィラキシーとは関係ないと出るんです。

 

あれ?

ということは・・・原因は別ってことですね!

 

というわけで、アナフィラキシーを起こした原因を探すと・・・・ありました。

実はこれ、「洗剤アレルギー」だったのです。

 

「気を失ったとき、汗をかいていませんでしたか?」

「汗は、、、かいてました」

やっぱり。

 

もちろん3年前、急にアレルギーもちになってしまったのですから、その原因となったストレスもあるはずです。

やっぱり、こちらもありました。

ほかの症状に対する施術とあわせて、今回は3時間弱の施術となりました。

結局、健康上は影響ないようなので、小麦アレルギーの除去はしていません。

 

一般的に言われている「運動誘発アナフィラキシー」って、実は定義が間違っているのかもと思いました。

今回の件では、小麦は関係なかったからです。

 

数年前、カレー屋さんで昼食をとったあと、めまいがして転んだという男性を診たことがあります。

この方の場合も洗剤アレルギーで、カレーを食べて汗をかいたというタイミングで目眩がして転んだのです。

 

これから梅雨時期を過ごして、先は夏です。

洗剤アレルギーは汗をかいて、その汗に溶け出した洗剤で起こります。

アレルギー持ちにとっては、目眩がしたり、気を失うこともあるのです。

 

汗で反応するのは洗剤以外だと、お風呂で使うもの全て、シャンプーなどでも同様のことが起こります。

心当たりのある方は、夏本番前に処置することをお勧めします。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます