肩甲骨の間から首にかけての痛みが辛いんです

40代主婦のご相談です。

 

昨日の昼ごろ急に背中から首にかけて痛くなり、その後は痛くて座っているのも、上を向くのも辛くなりました。

午前中は特に何をしたという覚えもないそうです。

 

検査をしてみると昨日の前日、つまり一昨日に激しい怒りの感情があるようです。

「そういえば一昨日の晩、小学生の息子を激しく叱りました」

 

その激しい怒りが背中の上部をこわばらせ、激しい痛みを作り出していたのです。

しかも午前中は大丈夫だったので、つながりが分かりにくいわけですね。

 

背中の痛みを出している感情と理由が分かったところで、心の調整に入ります。

心が穏やかになれば、体も楽になるというわけです。

 

怒りの感情は「もう、どうして言うこと聞かないの!」でした。

息子さんを「自分の言うとおりにさせたい」と言うわけです。

 

施術後は「なんで私、あんなに怒ってたんだろ」となりました。

完全に怒りは収まったようです。

 

怒りが収まると、筋肉の強張りも消えます。

背中の痛みは、激しい怒りの感情が作りだしていたのです。

 

夜も寝られないほど背中が痛むのは、強いストレスの存在があるせいです。

肩や首の痛みやコリなんかも、同じようなストレスの影響で起きているわけです。

 

体の健康は心の状態に引きこまれます。

機嫌が良いと、体も柔軟になり調子が良くなるわけですね。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます