tennis-245210_640

テニスをする時だけなんですが、肘を伸ばすと痛みが出ます

30代の主婦の方です。

 

趣味でしているテニスですが、肘が痛くてお困りです。

日常生活ではあまり困ることは無いのですが、今度テニスの大会があるそうでお悩みのようです。

 

早速、検査をします。

テニスの事でしょうか?

 

はじめに出てきたのは「ポリエステル」でした。

これはトレーニングウェアの生地ですね。

 

次に出て来たのは「理由を聞いて!」と言うストレスです。

どうやら練習中に誤解を受けたらしく、その気持ちが影響しているようです。

 

ポイントとなるストレスが見つかったようなので、アレルギーとともに浄化します。

一般的に、アレルギーはストレスとセットなのです。

 

結果は?

 

肘が軽い〜、すっかり良くなりました!

治ったようです。

 

先ほどのアレルギーは、ストレスとセットだと言いました。

何故なら、アレルギーと言う体の反応は、ストレスによるものだからです。

 

通常、肩こりは「疲れ」の影響だと考えられています。

でも数日くらい仕事が休みでも、肩こりは治りません。

 

これが何を表しているのかと言うと、「疲れの影響ではない」事を表しています。

疲れなら正月休みやお盆の休みなど、数日休むことで疲れは取れるはずだからです。

 

でも長く休んだからといっても、実際には治りません。

 

ではなぜ痛むのか?

これが「ストレス」の影響なのです。

 

なので「ストレスが解消しないと痛みは消えない」と言うことになります。

そしてストレスに条件反射で結びついたのが、アレルギーの「アレルゲンに対する反応」です。

 

アレルゲンとは「アレルギー反応をさせるもの」です。

先ほどだと「ポリエステル」がそれに当たります。

 

そして体は「アレルゲンがこの気持ちを作り出しているのか!」と勘違いをして、アレルギー反応を起こしてしまいます

全ては勘違いから始まった、誤動作なのです。

 

アレルギーでお困りではありませんか?

当館なら、その根本を突き止め、根本から治します。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます