55歳の主婦。
数カ月後に手芸の発表会があるそうなんですが、どうも老眼が酷くて、手元が良く見えないそうです。。 

まずは今現在の見え方を確認します。 
試しに名刺を見ていただいて、大体どの距離なら見えるのかを確認しました。 

「う?ん、ぼけてて文字が見えにくんですが、この辺りかな?」 

なんと自分の手の長さでは足りなくて、机の上に置いて距離を測ってみました。 
すると、なんと1メートル! 

これでは手元なんて見える訳がありません。 
しかも近眼もあるから、1メートルも離すとぼやけてしまうんです。 

つまり、ピントの合う距離がない?? 

早速、老眼の施術開始。

老眼とは、加齢によって目の筋肉が弱った遠視の状態だと思われています。
つまり、筋力アップをすることで、遠視は回復できるんです。

呼吸法とヒーリング、イメージングによって、目の筋力をアップさせます。
呼吸に合わせて側頭部からエネルギーを送り込み、さらにイメージをすることで、その効果を加速させます。

施術前、1メートル離さなきゃいけなかったのが、術後は20センチに! 
これならもう、老眼とは言わないですよね? 

で、ここからが問題。 

この女性、よく見えるようになった手元を見て一言。 

「いや?ん! 
こんなに見えたら、困る?!!」 

なるほど。 

これは老眼に、なるわけですな・・・・
やはりストレスと視力は、綿密なつながりがあるわけです。

とりあえず、お帰りの際、メガネは要らなくなったようです。
何度が戻るかも知れませんが、数回の施術で落ち着くと思います。