私、絶対に間違ってないから

腰痛で歩けなくなって、ご主人に連れてこられた専業主婦からの言葉です。

 

先々月から腰が痛くなり、10日前からはトイレに行くのも大変になりました。

もちろんご本人は辛いでしょうが、これではご家族も大変です。

 

検査によると、娘さんのストレスのようです。

娘さんは小学生の頃から美容師になりたく、高校を出たら美容師の専門学校に行くと言っているそうです。

 

しかしお母さんは「大学に行っておきなさい」の一点張りで衝突し、そのストレスで腰痛になってしまったようです。

「私は学歴で苦労しました。娘にはそうなって欲しくないから、絶対に行かせなきゃいけないのです」

 

そこで「私は間違っていない」という言葉になりました。

このストレスが腹筋を弱め、腰痛を引き起こしたという訳です。

 

この方のストレスは「私は間違ってないのに、私に反抗するのはあんまりだ」という言葉になりました。

早速それらの想いを、頭の中から感情療法で抜き取ります。

 

「あら? どうして私、あんなに怒っていたのかしら。あの子の人生、あの子が決めても良いわよね」

そう思えたところ、キチンと腰痛も消えていました。

 

この様にストレスは、様々な症状を作り出します。

ストレスさえ無ければ腰痛どころか、風邪も引かないのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

健匠館の感情療法は、あなたを楽に、生きやすくします。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます