の考え方が、通用しないんかい

紹介でいらした、40代男性のお話です。

 

海外生活が長い彼は、奥様もいるのですが、若い頃の自由生活が抜けきらぬようです。

おかげで何だか、食事に色々と不満があるようですね。

 

思いの原因は「俺は悪くない、はずなんだけどな…」という事でした。

悪いような、でも確信はないけれど、という感じでしょうか。

 

この思いには、この方のお父様の影響が出ていました。 

その考えとは「俺が稼いできているのだから、俺が正しい」でした。

 

昭和の頃なら通用したかも知れませんが、平成の終わりの今日だと抵抗がありそうです。

時代というやつでしょうか。

 

ストレスとして「何でわからないんだ」を取りました。

結果として「どうして俺は腹を立てていたのだろう」に変化させられました。

 

気持ちが落ち着くと、奥様に「悪かった」と言う、罪悪感が出てきました。

もともと恨む理由がないからです。

 

ストレスはその理由がわかれば、取り除くことも可能です。

問題は、ストレスの理由がわからない事です。

 

その様なストレスの理由探しに、健匠館がお役に立てるかもしれません。

西宮市の健匠館では、そんな悩みの解決にもお役に立てると思います。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます