ボディビルダーの背中

「やっぱり男らしくしなければと、思っていますね」

このように思って、努力している方はいませんか。

 

例えば「男らしく」

あるいは「女らしく」

更には「堂々と」

など、色々な「自分としての心構え」がありますね。

 

ところが、その考えは本当に必要な事でしょうか

その努力は、必要な努力なのでしょうか。

 

残念ながら、もしかすると「必要ない努力」なのかも知れません。

初めから貴方は「男らしい」、或は「女らしい」方かも知れないからです。

 

ところが何かの拍子に「しなければならない」と考える事があります。

真面目な方は特に、「必要のない義務感」を持ってしまう事があるのです。

 

「必要のない義務感」は執拗に人を縛り付けます。

頑張らなくても良い所で、頑張らなくてはいけなくなるのです。

 

こういう方は「真面目」ですから、一所懸命になってしまいます。

不必要な努力をしてしまうのですね。

 

だから大変ではないところで、大変な目にもあってしまいます。

苦労しなくてもいい場面で、苦労してしまうのです。

 

それでは大変です。

そのような事ばかりだと、気持ちの余裕がなくなってくるからです。

 

当館の感情療法では、「自分の努力の必要性」を考え直す事が可能です。

本当に「自分が頑張るべき事なのか」を、落ち着いて見直す事が出来るのです。

 

もしかして不要な努力に、苦労してはいませんか。

どうせするなら「前に進む努力」の方が、有り難いですよね。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます