「私、10年前に胃癌になりまして」

40代の患者さんとの会話です。

 

「もしかして、凄く嫌な事があった頃ではないですか?」

「まさにそんな頃でした! どうして分かるんですか?」

 

このような会話は、健匠館でよくあるのです。

なぜ分かるのかと言えば、「臓器によって、受け持つ感情が決まっている」から、どの臓器の病気か分かれば、心理状況が想像つくわけです。

 

今回のような感じで、大腸ポリープ・子宮筋腫・心臓疾患・肺気腫などの大病経験の方に対し、当時の心理状況を言い当てた事があります。

健匠館で行っていることは、勘とか超能力の類ではなく、単純にデータの蓄積だから分かるのです。

 

大きな病は運が悪いとか、親の遺伝など、自分以外の原因ではありません。

遺伝性の病気でなければ、必ず本人の「気持ち」が作り出した病気なのです。

 

母親が頭痛持ちだから、娘の私も頭痛持ちというのではなく、同じ考え方だから同じ症状が出ている訳です。

ストレスがあるから、症状が発生しているという事ですね。

 

どうして私がこんな目に、と損な気分をお思いではありませんか。

西宮市の健匠館なら、原因となる考え方の悪い癖を見つけ出し、解決します。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます