どうも呼吸が楽じゃないなと思っていたら、犬アレルギーになっていたんですよ。

 

え?

誰がって、この私がです(苦笑

 

どうもおかしいなって、自分で検査をしてみたんです。

すると、「犬アレルギー」って出ました。

 

 うーん、では「犬アレルギー」になってしまったストレスは?

これが検査を進めてみると、「こんな自分が情けない!」だそうで・・・

 

犬アレルギーになってしまった流れは、こんな感じです。

 

自宅にサンドバックを買いました。

学生時代空手をしてましたんで、運動不足解消にサンドバック打ちは楽しいだろうなと。

 

で、届いてから実際に蹴ってみると、足が上がりません。

体が思うように動きません。

 

おまけにバランスを崩して足を滑らせ、転んでしまう始末。

1回目の転倒でを痛めました。

2回目の転倒でを痛めました。

とてもとても情けないです・・・

 

そしてその後、愛犬を膝に載せて癒されながら、

「ああ、俺って情けね?。昔と違って、全然体動かないんだもの。」

と思っていたわけですよ!

 

そんな時に犬の毛を吸い込んだんでしょうね。

そしてストレスと合体、犬アレルギーの完成となってしまったようです・・・・

 

まあ、自分でもう治しちゃったから、今こうして書けるわけですが。

調度良いブログネタが見つかって、本当に良かった?(涙

 

よく世間では、

アレルギーは治らない

とか、

アレルギーは持って生まれた体質

だとか、

「コップからあふれた、なんちゃら」

などの意見があふれているようですが、アレルギーは治ります

 

ちなみに私が2回目、娘も1回なりましたけど、もう治しちゃってます。

犬アレルギーは消せるんです。

 

ただし、何度でもなっちゃうのがアレルギーなんですよね。

風邪を引くのとおんなじで、ストレスとアレルゲンが合わさる環境が引き起こすわけですから。

 

そういえば以前、治療中に患者さんから、

「先生、ストレスなんかないでしょう?」

って聞かれたんですけど、そんな事ないんですよね。

 

そりゃあ、「にんげんだもの」ですよ!

犬を抱きながら、「情けね?」とか思っちゃうわけです。 

 

皆さんも辛いことを考えていて、犬や猫に癒されるってこと、あると思うんですよね。

確かにそれも「アリ」だと思うんですけど、でも出来る事なら犬を抱いた瞬間、

「うわっ、おめーかわいー! モフモフ?♪ あらっ! もうっ! やっだ?」

とか全開でバカやったほうが、体には良いわけで、そちらを強くオススメしておきます(笑

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます