物忘れがひどいというご相談が増えています。自分でもどうしてなのか分からないほど、急激に物忘れがひどくなることがあるのです。

年をとることで記憶力が減退することはよくあるのですが、そうじゃない場合があります。その原因はストレスです。ストレスで物忘れがひどくなるなんて、思ってもみない事かもしれません。

人間は、毎日様々な経験をし続けます。その経験は楽しいこともありますし、やり甲斐を感じることもありますが、結構辛いことだって多いと思います。そしてそんな中、「思い出したくない」という種類の経験が問題なのです。

思い出したくない経験によるストレスは、「その記憶を思い出したくない!」という強い願いを、実現させてしまうことが多々あります。つまり「思い出せない」ように、自分を変化させてしまうのです。結果として、思い出せない=物忘れがひどくなる、というわけですね。

二度と経験したくない辛い気持ち、恥ずかしい経験、味わいたくない環境などに対するストレスが強くなると、物忘れはひどくなります。ただし、そのような方を検査してみると、記憶はちゃんとされています。問題なのは、その記憶を引き出せなくなっていることなのです。

当館の感情療法は、それらの思いをリセットし、正常な状態に戻します。解離性健忘症であっても、ストレスをリセットすることで治ってしまいます。

お困りの方は、ご相談下さい。本来の自分に戻るため、嫌な思い出をリセットしましょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます