www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green20160902534715

今日はお出かけの日だ!

非常に体調がよろしい。

 

今日は運動会か・・・

足がいたくて、引きずってしまう。

 

本当にそうでした。

これは小さなころの、私のはなしですから。

 

お出かけというと、家族でホテルに泊まって観光やお食事という生活。

なかなかの楽しみで、私には大きなイベントでした

 

運動会というと私は足がおそく、いいとこなしで辛かったものです。

その後、中学生になると足ははやくなったのですが、小学生までは足がおそくみじめでした

 

ここでのポイントは、気持ちと体の関係です。

私のばあいでは、気持ちがよいと体調もよくなり、いやな気持だと足がいたくなっていました。

 

そしてこれは、ほかの人にも当てはまります。

つらい人、くるしい人、かなしい人、みじめな人などはよく姿勢が悪くなるのも、気持ちが体に表現されたものです。

 

例えばお葬式では、多くの人が「ねこぜ」になります。

かなしい気持ちは「ねこぜ」をつくりだすのです。

 

小学校でインフルエンザがはやると、学級閉鎖がおこります。

このとき休む子は、ストレスでインフルエンザに対する抵抗力がおちているからです。

 

そして一番わかりやすいのは、メガネをかけている人。

とても大きなストレスを感じはじめたころ、メガネやコンタクトレンズを使いはじめているはずです。

 

ちなみに私の場合、高校受験でメガネ生活がはじまり、大学では視力かわらず、就職してからガクッと視力が落ちました。

その後、現在の治療法をおもいつき、視力アップでメガネの度数はかわったのですが、あまりにストレスがたくさんあるのでやめました(苦笑)

 

このように機嫌は体調にあらわれてしまうことが分かります。

機嫌のよいお年寄りは、姿勢がとても良いわけですね。

 

これらのことを聞いて、気になることはありませんか?

大事な人を思いだし、「もしかしてあの症状は」と思うことがあれば、ストレスが関係しているのかも知れません。

 

当館の感情療法は、心と体の関係をつきとめ、回復をおこないます。

心の問題をみつけ解決させることで、体調をよくしてしまうのです。

 

お困りの方、ご相談ください。

あなたの体調も、気分を変えスッキリさせることができるのです。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます