晩になると首が痛むので、困っています

紹介でいらした、ある専業主婦からのご相談です。

 

昼間は何ともないのに、晩になると首が痛む症状でお困りです。

この頃は、休日にも症状が出ている事に気づいたそうです。

 

早速調べてみます。

何となくですが、理由は検討がついていました。

 

その理由とは「主人アレルギー」。

ご主人が仕事から帰ってくると、主人アレルギーで首が痛くなっていたのです。

 

アレルギーと言っても、何らかの「物質」に反応していた訳ではありません。

アレルギーとは、『無意識に「ネガティブな記憶」を呼び覚ます、強い印象を持った何か』です

 

例えば「花粉症」なら、『無意識に友人との悲しい別れを思い出す、春の花粉が飛んでいる状況』のようにです。

その状況がアレルギーを引き起こすので、物質どころか人でも場所でも、動作・行動でも、アレルギー反応は起きるのです。

 

今回の症状は、ある時ご主人からの頼まれごとを引き受けて、うっかり忘れていた事が大きなストレスになっていました。

主人にバレたら嫌われてしまう。私、何してるの!」と自分に怒っていました。

 

その事は翌日にうまく済んだのですが、当時はそんな自分にイライラしていたのでした。

その気持ちが「主人アレルギー」を作り、自分の首を痛めつけていたのです。

 

アレルギーを取り除いた後、首の痛みは解消したそうです。

ご主人を見ると、自分を責める気持ちが「無意識下で」よみがえり、首の痛みを作り出していたわけです。

 

原因不明の痛みにお困りの方、西宮市の健匠館にご相談ください。

きっと楽にできると思います。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます