「手が痺れて、コップ持つのが危ないんです」

40代男性からのご相談です。

 

いつの日からか右手が痺れだし、感覚がつかみにくくなり、コップを持つにも苦労されているそうです。

日常の生活上、利き腕の痺れはとても不便ですから大変です。

 

調べてみると、「どうして自分は苦労が絶えないんだ?」というストレスがありそうです。

その悩みが肩甲骨の位置を変化させ、手の痺れを発症させていました。

 

そこでお仕事上の苦労を調べたところ、「職場の人間関係」に大変ストレスを感じているようです。

「実は結婚しようとしている彼女が同じ職場なのですが、彼女のフォローが大変で大変で…」

 

まずは自分はキチッと責任を果たしていることを認め、彼女のフォローも十分していると自覚していると認識していただきました。

「なんだ、彼女と一緒に努力していただけですね」と、苦労している、から、十分努力している、にイメージが変わったようです。

 

そうしてイメージが変わる事で、手の痺れも楽になりました。

自分の人生をどう捉えているのか、満足感は超重要ですね。

 

なぜこのような苦労が多いのか、疑問に思うことはありませんか。

西宮市の健匠館では、あなたの考え癖を探しだし、楽に変化させます。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます