kimononoobis

私、恥骨が出ていて恥ずかしいんです

若い女性からのご相談です。

 

スカートなら恥骨は目立ちませんが、細身のパンツスタイルで目立ち、水着なんてもってのほかだそうです。

今年は海に行かなくて済んだのですが、来年以降に彼氏でも出来たら、結婚して子供でも出来たらと思う度、心が重くなるそうです。

 

この女性は「恥骨の形」でお悩みですが、本当のところ気にするべきは「骨盤の角度」なんです。

人の顔を例に取ると、上を向くとアゴが出て見え、下を向くとアゴがへこんで見える訳です。

 

つまり恥骨が出て見えるのは、横から見たときに顔を上に向けたように、骨盤下部の恥骨が顎を出したような格好になっているのです。

だから恥骨の変形を正すのではなく、骨盤の角度が悪いので修正してやるのが正解です。

 

恥骨が出て見えるのですから、横から見た骨盤は上部が後ろに倒れて「後傾」している訳です。

正しい骨盤の角度は「前傾」ですから、そこを治すと良い訳ですね。

 

骨盤を前傾させるのは「腸腰筋」だったので、その筋肉を強くします。

この筋肉に影響していたのは「強い恐れ」の感情だったので、その恐れを解決する必要がありました。

 

感情療法で「強い恐れ」を取り除くと、骨盤の角度は修正され、恥骨の見え方は問題なくなりました。

恥骨の出っ張りもストレスが原因だったのです。

 

お困りの方、是非ともご相談下さい。

あなたの問題も、きっとストレスから来ているのではないでしょうか。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます