「一昨日の晩、急に腰痛になり、噂を聞いて、なんとかここ(健匠館)まで来ました」

紹介でいらした、40代の男性です。

 

お風呂あがりに洗面所で腰痛になり、膝から崩れ落ちるように倒れたそうです。

特に何かをした、という覚えもなく、原因の覚えはないとのことでした。

 

検査をしてみると、金属アレルギーと出ます。

「あ、それってカミソリですかね!」

 

洗面所で鏡を見た時、ちょっと飛び出ていたヒゲがあったので、奥様のまゆ手入れ用カミソリを使われました。

と、この時、うっかりザクッと切ってしまい、カミソリの刃がヌルっと肌に入る感触まであったそうです。

 

そして「イヤなカミソリだな〜」という思いから、カミソリ=金属のアレルギーを引き起こしたのです。

ストレスは腹直筋を弱め、腰痛を発生させました。

 

心ではなく、体は違う思いを持ちました。

自分は金属のせいで、嫌な思いをしている」です。

 

体は金属に対し、拒絶反応=腰痛を引き起こし、金属を遠ざけようとしたわけです。

なかなかの「肉体の神秘」ですよね。

 

今回の方は、1時間の施術で回復されました。

原因が少ないから、早い回復ができたのでしょう。

 

アレルギーって突然なりますから、避けようがありません。

以前も、朝のジョギング中に突然の花粉アレルギーで腰痛になった方がいました。

 

腰痛には揉んでも叩いても、シップや投薬も、効果は一時的です。

本当の腰痛原因を見つけ出し、根本からの解決をお勧めしています。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます