個人と取引する場合、支払調書は必要ですか?

「一所懸命やっているのに、何故かうまく行きません」

このような例は、少なくありませんよね。

 

昨日、こんな事がありました。

私が受けている、リハビリの時です。

 

私は週に2回、リハビリを受けています。

脳出血でなった、右半身麻痺に対するリハビリですね。

 

麻痺した右手に対するリハビリの中で、右手でボールを取るため、仰向けになってボールに手を伸ばすリハビリです。

私は全力でボールに手を伸ばしました。

 

ところが全力のはずが、どうしても肘が曲がってしまいます。

必死になって、伸ばそうとしているのに、です。

 

するとリハビリの先生が、「余計な力が入っているからですよ」と教えてくれました。

そしてその次は、先生の「言葉の誘導」に従って、「どこに力を入れて、どのようなイメージで」という指導を受けました。

 

すると先程よりもずっと楽に、肘が伸び、上にあがるのです。

先程は全力なのに肘が曲がり、上に行きにくかったのに、です。

 

もちろん、私が病気になったせいなのは、理由としては正しいでしょう。

でも一番重要なのは、「全力で、間違った方向へ頑張っている」事に、自分では気づいていなかった点です。

 

大体の方は、全力で頑張ってらっしゃいます。

真面目で困っている方ほど、全力です。

 

ところが、「全力の方向」を修正するだけで、簡単に良い方向に進むことが出来たりします。

しかも分からないのは本人だけ、かも知れないのです。

 

当事者にしか分からない気持ち、あるもんですね。

今回の件は、本当に勉強になりました。

 

ほとんどの方は、全力で頑張ってらっしゃいます。

なのに上手くは行かない方、いらっしゃいませんか?

 

当館の感情療法は、そんな方に必要かもしれません。

分かっていないのは、ご本人だけ、かも知れないからです。

 

うまく行かない理由を、私と見つけ出しましょう。

当館が全力でお手伝いしますから、大丈夫ですよ。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます