蕁麻疹で困っている主婦。

痒くて痒くて、ひどい時には血がでるほど引っ掻いてしまうそうです。

 

さて、この蕁麻疹ですが、原因は大きく別けて2つ。

それはストレスとアレルギーです。

 

今回の蕁麻疹の場合、大きな原因はストレスでした。

育児に対する義務感が強く、理想的な母親じゃない自分が許せないといった思いが強かったのです。

その自分を責める思いが蕁麻疹を作り、自分に罰を与えていたわけですね。

 

施術後、蕁麻疹は消失しました。

自分に対する認識を改め、納得したので、ストレスが解消したからです。

 

蕁麻疹に対し、緊急で薬を使うのは間違っていませんが、長期間に渡る薬の使用は危険を伴うことがあります。

対処療法は緊急時の対策であって、症状そのものが無くなるわけではありません。

 

やはり、蕁麻疹を作り出している原因を見つけ出し、根本から解決することが必要ですね。

いつから蕁麻疹が出たのかを観察することが出来れば、その症状を創りだした原因を、見つけるヒントになるでしょう。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます