料理をしていて気付いたんですけど、最近塩気を感じないんです

50代主婦からのご相談です。

 

主婦なので、毎日食事の支度をします。

ところがある日の夕飯の支度で味見をしてみると、いつもの塩気が分からなくなっているのに気が付きました。

 

これまでの経験で大体の味付けを何とかしてきたのですが、1周間ほどしても味覚が戻らなく病院に行きました。

ところが病院での投薬でも変わらず、お友達からのご紹介で健匠館にいらっしゃいました。

 

検査によると、今回の味覚障害はお子さんの受験失敗のショックで、「こんな現実を味わいたくない!」という気持ちから起きたようです。

受験といえば大きなことですからね、親にとっても。

 

また、普段から着ている「綿のシャツ」にはアレルギーを起こしていました。

アレルギーとは「このストレスを責任転嫁したい」という気持ちから起きますが、やり場のない気持ちだったのでしょう。

 

原因の特定ができたところで、ストレスとアレルギーを取り除きます。

「こんな現実を味わいたくない」と「綿のシャツ」ですね。

 

施術後、「塩気の味覚は戻りました」と夜にメールが来ていました。

ストレスによる味覚障害は、意外とある症状なのですね。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます