どうも嗅覚が鈍いと言う方が、いらっしゃいました。

「昔からなんですけど、鼻も詰まるし、嗅覚が鈍いんですよ」

通常、鼻詰まりは大腸の調整で良くなることが多いのですが、嗅覚に関して治療を行うのは、初めてでした。
しかし、検査の結果、嗅覚と尾骨及び後頭骨が繋がっていることが分かりました。

尾骨を微調整し、後頭骨の下方変位を調整。
また、鼻詰まりも解消するため、大腸を調整しました。

調整前に良くわからなかった芳香剤の香りが、調整後はかなり強く香りを感じることが出来ました。

また、尾骨の調整後は、ほとんどの方で深呼吸が深く大きくなります。
これは経絡で言う督脈の流れが呼吸に繋がっていること、尾骨のゆがみが督脈を乱すことなどが関係しているようです。

呼吸をつかさどる肺の機能がアップすると言うことは、尾骨の調整でアトピーや肌荒れに対応できる可能性があります。

アトピーを持っている方は、小児喘息等を持っている方が多く、肺が弱っているからです。
逆に肺に良い栄養をたくさん取ることで、アトピーが楽になった例は少なくありません。

余談ですが、肺を強化することで、二日酔いの頭痛も避けられます。
二日酔いの頭痛の多くは、肺が弱ることによって起こるからです。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます