「あら、右手の揺れが止まってる」

私の右手を見て、思わず出た言葉です。

 

私の右手は、半身麻痺になってから、不自由です。

それは肩付近の筋肉による固定が不十分なため、手先がピタッと収まらず、空中において揺れて、止められませんでした。

 

ところが先日の休館日(火曜)、晩に手を見ていると、手がピタッと止められるようになっていたのです。

これは相当に大きな進歩です。

 

私は毎日、「4年前におこした半身不随」の自己治療をしでいました。

その自己治療が効いたのです。

 

通常の治療のように検査ができないため、感にたより、かなり多くのことを見ていますから、どれが効いているのかは分かりません。

しかし火曜日の自己治療が、確実に効いていることは間違いありません。

 

ストレスになっていたのは、仕事の成果について。

満足行のいかない、己の仕事に対するストレスでした。

 

ストレスを取り除く仕事をしているのに、ストレスで病気になってしまったのですから、私は修行が足りませんね。

この先進むべきは、仏門でしょうか (^_^;)

 

現在、麻痺していた右手は、昨日よりも動かせるようになっています。

この先の目標は、「自動車の運転」をする事ですね。

 

もう48歳で若くないこともあり、そこそこの努力にしていこうと思います。

とりとめのないブログですが、本日はここまでとさせていただきます。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます