受験勉強が手につかなくなって

大学受験をひかえた、女子高校生からのご相談です。

 

最近になって目立つようになったそうで、以前はヤル気満々だったそうです。

これは受験生アルアルの話ですかね。

 

人は苦しい時が続くと、哲学者化してしまう事があります。

『どうして私は、勉強しているのだろう』の様にです。

 

疑問が湧くと、苦しんでいる意味を知りたくなります。

意味もなく苦しいのは、割が合わないからです。

 

このような場合は、自分のしている事の自覚が必要です。

この方の場合、勉強が目的ではなく、大学に入ることが目的なのです。

 

ところが最近だと、目的が置き換わり、勉強が目的だと勘違いしていました。

これでは一部の人(勉強が趣味の人)でなければ、ヤル気失せてしまいます。

 

そこで今回は、今していることと、未来の目的を繋げて意味をもたせました。

受験勉強と大学入学とを、繋げるわけです。

 

そうした後、今回の女子高生は、俄然ヤル気の復活を感じたそうです。

勉強の意味を、再確認した訳ですね。

 

お悩みの方、ご相談ください。

健匠館が、あなたの力になれると思います。

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます