OY1151013301035

反らすと腰が痛いんです

よくある腰痛とは、違うようです。

 

普通に腰痛だと、マッサージをすると楽にはなりやすい事があります。

ヘルニアっぽいものや、伸ばす(反らす)と楽になる物などがそうです。

 

しかし今回のは違います。

伸ばすと、腰が痛むのです。

 

普通、腰痛は2つに分かれます。

前に倒して痛むのか、後ろに反らして痛むのか、です。

 

一般的に多いのは、前に倒て出る腰痛です。

これであればマッサージも効くことが多いでしょう。

 

そこで困るのは、反らした時に出る腰痛です。

このような状態だと、マッサージは無力になってしまいます。

 

反らせて痛むのは、筋肉のコリが酷いためではなく、筋肉の力が出ないためだけらです。

そしてマッサージでは触りにくい筋肉、と言う理由もあります。

 

筋肉の名前は「腸腰筋」です。

あまり聞かないな、という方も多いのではないでしょうか。

 

コチラに画像があります。

普段は隠れている筋肉ですね。

 

腸腰筋や腹筋が弱ると、腰痛になります。

腰を伸ばしたり、反らせて痛むものです。

 

これにはマッサージが難しい。

表面の筋肉に隠れて、触るのが難しいからです。

 

この手の腰痛は、腸腰筋や腹筋を強くする必要があります。

筋肉が弱って、痛くなる症状だからです。

そして筋肉が弱る原因は、大体がストレスです。

 

当館の感情療法は、そのストレスを解決します。

筋肉を強くして、腰痛の元を取り去るのです。

 

反らすと痛む、そんな腰痛でお困りではないですか。

その原因の元を取り去り、本来の腰に戻しましょう。

 

このページを読んだ人は次の記事も読んでいます